為替についてわかりやすく解説

円安とは?円高とは?

円安、円高とかよくニュースで聞きますよね?

 

ここでは、円安、円高についてわかりやすく説明していきたいと思います。

 

まず円安です。

 

円が他の国のお金(例えばドルなど)に対して、価値が低くなることを円安になるといいます。

 

1ドル100円だった為替レートが、1ドル120円になったとします。これは、1ドルで100円に変更できていたものが、1ドルで120円に変更できるようになったことになります。逆に考えると、日本人からすると、100円だせば、1ドル得られたものが、120円ださないと1ドル得られなくなりました。

 

これはドルの価値が上がり、円の価値が下がったことになります。

 

よってこのような為替レートの変動の時は、円安になったことになります。

 

次は、円高です。

 

円が他の国のお金(例えばドル)に対して、価値が高くなることを円高といいます。

 

1ドル100円だった為替レートが、1ドル80円になったとします。これは、1ドルで100円に変更できていたものが、1ドル80円にしか変更できなくなったことになります。逆に考えると、日本人からすると、100円ださないと1ドル得られなかったものが、たった80円だせば、1ドルを得られるようになりました。

 

これはドルの価値が下がり、円の価値が上がったことになります。

 

よってこのような為替レートの変動の時は、円高になったことになります。

円安のメリットとデメリット、円高のメリットとデメリット

円安にも、円高にも日本人にとってメリットとでデメリットがあります。

 

円安のメリット

 

車など輸出企業は儲かります。

 

日本は輸出企業が多いので、経済が活性化します。

 

 

 

円安のデメリット

 

ドル建て決済のアダルト動画サイトが高くなってしまいます!

 

海外旅行が高くなります。

 

 

 

円高のメリット

 

ドル建て決済のアダルト動画サイトが安く利用できます!

 

海外旅行が安く行けます。

 

輸入企業は儲かります。

 

 

 

円高のデメリット

 

日本は輸出企業は多いので経済が停滞します。